放置自転車の処分はどのように行えばいいの?

マンションやアパート、スーパーやショッピングセンターの敷地内にある、誰のものかわからない自転車が放置されている場合、どのように処分すればいいのか困りますよね。

放置自転車を勝手に処分してしまった場合、後で所有者が現れてトラブルにならないだろうか?法律的な問題はないだろうかと心配にもなります。

私有地内に放置自転車がある場合、どのように処分すればいいのかについては実のところ、法律で明確に規定されているわけではありません。

そこで、ここでは、放置自転車を処分する基本的な対応方法についてお伝えします。

放置自転車処分の流れについて

まず、結論からお伝えすると、敷地内にある放置自転車は、持ち主が現れない場合、その自転車は管理者(オーナーや管理している会社など)の所有のものとなり、管理者の権限で処分することができます。

 

ただ、後々のトラブルを未然に防ぐために、一定の手順をとっていただいた方が安心です。

 

その手順とは以下の通りです。

 

ステップ1 「所有者の確認」

ステップ2 「盗難照会」

ステップ1 「所有者の確認」

ますは、所有者の確認です。

 

ここでは、一定期間、所有者がいないかどうかの調査を行います。

詳細方法は、自転車に直接警告札を張り付け、持ち主がいる場合は、その札を外してもらうようにします。

 

一定期間警告札を貼り続けてください。

 

これも法律で期間が決まっているわけではありませんが、自転車の場合は2週間ほど、バクの場合は1カ月ほどを目安にしてください。心配であればそれよりも長く期間を設けていただいても問題ありません。

 

バイクの期間を長めに設定している理由は、バイクの場合は、どれだけ古く見えても意外に持ち主がいることも多いです。ですので、念のため長めに設定していると安心です。

 

ステップ2 「盗難照会」

そして、ステップ2「盗難照会」です。

 

前述のとおり、持ち主不在の場合は、管理者の権限で自転車を処分することができますが、唯一の例外は「盗難自転車」の場合です。

 

放置されている自転車の中には、盗難自転車が含まれていることが稀にあります。盗難自転車の場合は、その自転車は警察に引き渡さなければなりません。被害届が出ている場合は、警察から持ち主に連絡がいきます。

 

そして、盗難自転車かどうかを調べてもらう作業を「盗難照会」といいます。

これは警察に行ってもらう必要があります。

 

方法は、最寄りの警察署か交番に直接電話してください。警察署の場合は交通課で大丈夫です。

 

そして、敷地内に放置されている自転車を処分したいこと、そのために盗難照会をしてほしいと伝えてください。

 

その後は、所轄の警察によって対応方法が異なります。実は、この作業も法律で明文化されているわけではないので、警察の方でも一定のルールというのがありません。

 

ですので、警察署によっては電話で自転車の車体番号だけ聞かれて、そのまま盗難照会してくれるところもあれば、現地までお巡りさんが来て、直接盗難照会をすることもあります。

 

ですので、まずは最寄りの警察署か交番に電話して、その後の流れは直接確認してみてください。

 

以上が、処分する前の準備です。

 

 

どこに処分の依頼をするの?

ただ、ここで、どこに処分を依頼したらいいの?という疑問がわいてきます。

方法は2つあります。

1.行政に依頼する

2.民間の放置自転車回収業者に依頼する

 

1.行政に依頼する

行政に依頼した場合は、お金がかかります。また廃品回収で取り扱ってくれる業者も中にはいますが、その場合も有料であることがほとんどです。

 

2.民間の放置自転車回収業者に依頼する

おすすめなのは、民間の放置自転車の専門の回収業者に依頼することです。

専門業者であればノウハウがあるので安心です。

民間の業者の場合も有料の業者と無料の業者があります。

サービス内容によって無料と有料とをわけているところもあります。

当社の場合は、上記の「所有者の確認」と「盗難照会」を行っていただいたものについては、1台から完全無料で撤去させていただいます。

「所有者の確認」と「盗難照会」もやってほしいという場合は、作業費として若干の費用をいただいています。

また、業者の場合は、地元の業者に依頼することが重要です。

遠方の業者に依頼すると、回収までに何カ月と時間を要するところもあるのでご注意ください。

やはり人力での作業のため、回収に回れる範囲に限度があります。

中には、無理に範囲を広げている業者もありますが、当社の場合は、それでは逆にご迷惑をおかけしてしまうこともあるため、撤去に伺える地域は限定させていただいています。

当社で対応しているのは、東京は町田市、八王子市のみ、神奈川は、相模原市、横浜市、大和市、厚木市とその近辺になります。

 

以上が、放置自転車処分の流れです。

 

自転車を放置したままの状態は、管理衛生上よくありません。

また入居者様やお客様からのクレームの元にもなります。

クレームが起こってからだと、管理者としての印象があまりよくありません。

ですので、早め早めの対応をおすすめします。

当社では1台からでも受け付けていますので、もし放置自転車にお困りであれば、お気軽にお問合せください。

当社への撤去依頼・お問い合わせはこちら

 

Follow me!